自分に適した方法を選んでまぶたを望み通りにしてもらおう

エステティシャン

理想の目元になる方法

二重整形は美容整形の中でも人気の高いメニューの一つであり、理想の目元を手に入れたい人にぴったりの方法です。しかしクリニックや施術メニューにより費用や施術結果など異なる点も多いので、よく比較して選ぶべきです。
目元

施術方法による違い

二重への整形は珍しいことではありませんが、その際にはクリニックや施術方法をしっかり確認し納得できるものを選ぶことが大切です。費用など比較しやすい点だけではなく、医師の腕の良し悪しに注目しておきましょう。
注射を打つ人

メリットと注意点

二重整形の埋没法は、費用が安くて気軽にできるというメリットがあり、切開法は元に戻りにくいというメリットがあります。クリニックを選ぶ際は、費用の安さや高さだけでなく、利用者の評価や料金設定の明確さをチェックしておくことも重要です。

理想のまぶたのために

注射器

施術方法を選ぼう

毎朝、二重になるためにテープなどのアイテムを使って、まぶたに工夫をしているのなら整形をしてしまうことを考えましょう。いつも頑張って維持しているのなら、もうすでに二重だと認知されているはずなので整形してしまったほうがよいです。整形をすれば毎朝工夫をする必要がなくなって、日中に一重に戻る心配もなくなるので日常生活が楽になるでしょう。なお、費用の心配をして二重の整形を受けるのは無理だと感じている場合もあるはずです。確かに、美容クリニックで受ける施術は全額負担だと相場が決まっているので決して安いとはいえません。しかし、プチと呼ばれている整形ならば、全額負担でも大きな金額になることはないです。埋没法という簡易的な施術の場合は、両目を二重にしてもらっても10万円を超えない場合が多いです。そのくらいの金額で毎朝の工夫から解放されるのですから高い費用とはいえないでしょう。安いとすぐに効果が切れると不安に感じるかもしれませんが、そのときは保証がついている施術を受ければ解決です。保証期間内に一重に戻った場合は、再施術してくれるため安心して過ごせるようになります。もちろん、金額なんて関係なくとにかく『理想のまぶたが欲しい』と願うのなら、もっと高い方法で施術してもらうこともできます。費用が20万円を超えることが多い、切開法という本格的な施術を受ければ、デザインが完璧なまぶたに生まれ変わることができます。まぶただけではなく、目尻や目頭もデザインすることができるため、目元全体をキレイにできるでしょう。

できる限り早く二重になりたいと考えているのなら、ダウンタイムがとても短いプチ整形の利用を考えましょう。美容クリニックで施術を受けてから、わずか3日程度で日常生活を送れるようになるため、少し長めの連休さえあれば二重になれるでしょう。もしも、絶対に一重に戻らない二重が欲しいのなら、メスを使った整形方法の切開法を利用しましょう。メスでまぶたを切開して二重にするため、半永久的な効果を期待できます。なお、どちらの整形方法でまぶたに施術をしてもらうとしても、説明はきちんと行ってもらわなければいけません。概要と費用の説明をしっかりとしてくれない美容クリニックで施術をしてしまうと、理想ではないまぶたになる可能性もあるので気をつけましょう。ドクターの善し悪しを知るためにはカウンセリングを利用するのが一番なので、たくさんの美容クリックで受けてみることを強くオススメします。ちなみに、眼瞼下垂というまぶたが垂れ下がってしまう病気のときも、二重にするための施術が行われることがあります。眼瞼下垂は病気なので、費用が全額負担ではなく保険を使った治療が可能です。しかし、治すだけではなく完璧なまぶたが欲しいのなら、保険治療ではなく、美容クリニックでの施術を受けましょう。その理由は、保険治療の場合は視界を確保してくれる施術をするのに対して、自費治療の場合は視界確保プラス見た目にも気を遣ってくれるからです。『安さを取るか見た目を取るか』で利用すべき施設は変わるので、じっくりと考えてから決して後悔しないクリニックを訪れましょう。

Copyright© 2019 自分に適した方法を選んでまぶたを望み通りにしてもらおう All Rights Reserved.